新幹線 格安チケット デメリット

新幹線の格安チケットのデメリット

移動手段には、飛行機や新幹線、バスなどがあります。

 

飛行機は料金が高いイメージがあり、なかなか乗る機会は少ないですよね。

 

それに比べると新幹線は、飛行機により乗りやすいイメージがあり、
利用している方も多いと思います。

 

新幹線は、駅周辺にあるので乗り継ぎがしやすく、
場所によっては一日に何本も走っているので、
乗り遅れたとしても次があるという安心感はあります。

 

新幹線の格安チケットというものも発売しており、
利用されている方も多いと思いますが、いかがでしょうか。

 

しかしながら、運賃の面で飛行機と比較してみるとデメリットも多く、
航空券の格安チケットに比べると、料金が高めに感じるでしょう。

 

新幹線の格安チケットの割引制度が少ない事が、
運賃に現れていると言えます。

 

新幹線を利用するケースで、お盆やお正月などの繁忙期は、
満席でもたくさんの方が乗車してくるため満員電車のような状態で
乗っていかなくてはいけないデメリットがあります。

 

新幹線の格安チケットでは、自由席と指定席を選ぶことが可能ですが、
繁忙期に利用する時は、早めに予約しておかなければ、
指定席に座ることが出来ないでしょう。

 

新幹線は、立ち乗りができるので、
繁忙期でなくても時間帯や曜日によっては
座席に座れないという場合も多いようです。

 

新幹線の格安チケットは、メリットもたくさんありますが、
鉄道ならではのデメリットがあることを認識しておきましょう。

 

多少時間がかかっても、自由が効く
新幹線の格安チケットをお得に利用しましょう。